宝塚市で交通事故治療・ムチウチのことならお任せください!

もし交通事故にあってしまったら

交通事故は自分がいくら気を付けていても、仕事や普段の生活でよく外出をしていたり、車を利用していたりすると事故に遭ってしまうリスクは必然と高くなります。
もし、交通事故に突然遭ってしまったら、どうしてよいのかわからない・・・
何を優先すればいいか混乱してしまい、早く解決してしまってはいけない問題を優先してしまうなど、後になり後悔してしまう場合があります。

ここでは、もし交通事故に遭った際どの様になるのか、そしてどうすればいいか、
一連の流れをご紹介致します。

是非、参考にしてください。

 

交通事故に遭ったら・・・

1.事故の後、本人同士で解決は厳禁!まず警察へ連絡

事故後、当事者になってしまうと、早く解決してしまいたいと思ってしまいがちです。
しかし、示談交渉を行う際、まだ治療が終了していないにもかかわらず署名や捺印を安易に行ってしまうと、その後に大損してしまうケースがあります。当人同士で解決はせず、まずは警察を必ず呼び、事故の専門家に相談することが大切です。

2.事故の後、まずは病院で精密検査を受けましょう

事故に遭ってすぐは、強い興奮状態からアドレナリンが分泌され、痛みを感じない事が意外と多いです。直後にはそこまで痛みを感じないからいいだろうと自分で判断してしまうと危険です。後になって取り返しのつかないケースになることもあります。それは、事故の後何日か経ってから症状や痛みが出てくることがよくあるからです。事故の後まずは病院に行くようにして下さい。

3.忘れず、保険会社に連絡しましょう

小さなことでも保険会社には、細かく連絡をとり、コミュニケーションを大切にしましょう。事故の後、保険会社へ連絡が遅れてしまうと、補償外になることや、保険会社には言わずに勝手に病院を変えると治療費が支払われない場合があります。小さなことでも相談しましょう。

4.必ず警察には連絡をしましょう

保険金を保険会社へ請求する時に、必ず必要になるのが、交通事故証明書です。まずは警察へ届けましょう。物損事故で済ませようとしてしまうと、治療費が支払われなくなる可能性が出てきます。また、事故を起こした人も警察へ提出する義務があるので、もし届出をしないように話をしてきても、応じてはいけません。

5.加害者の情報を確認

事故が遭った時、相手先の名刺や会社の情報や、電話番号、車両やナンバーなどもしっかりと確認しましょう。携帯電話のカメラで相手の車検証や免許証を写真で収めることも効果的です。

6.交通事故に関係する書類などは、しっかりと保管

医師の元で作成された診断書にかかった費用や、タクシーや電車など移動でかかった交通費など、発生した費用は請求することができるので、領収書は大切に保管しておきましょう。

7.事故の目撃者がいた時は、連絡先を聞きましょう。

事故の時に今後証人になってくれそうな人がいた時は、示談になった時に、行方を左右することもありますのでしっかり相手のお名前や住所・電話番号を確認しましょう。トラブルになった時に効果的です。

仕事?健康?今後を見据えた選択が大切

毎日の仕事などで、病院に通うのは大変です。

ですが、健康だからこそ、日々の生活ができます。何が大切を見極める必要があります。
あと、危険なのが、今は痛みがないからと自分でか判断し通っていた病院へ行くのをやめ、中途半端な治療で終わってしまうことです。後遺症も残る可能性があります。

お医者さんを信じ、適切に判断しましょう。

事故の影響があることがわかってながら、社会復帰を優先してしまうと、取り返しのつかないことになる可能性がありますので、気をつけましょう。